~仏の慈悲に照らされている「ぬくもり」と「おかげさま」のこころで~

あそかビハーラ病院

アクセス

  • あそかビハーラ病院
  • あそかビハーラ病院
  • あそかビハーラ病院
  • あそかビハーラ病院
  • あそかビハーラ病院
  • あそかビハーラ病院

お知らせ

最終更新日:2016年5月10日

看護師募集[ 2016.4.12 ]

「ぬくもり」と「おかげさま」のこころで、 患者さんと接することのできる方。

[シフト制]

(1) 日勤: 8:30?17:00(休憩1時間)
(2) 夜勤: 16:30?翌朝9:00(休憩3時間)

詳細につきましては、
看護課長 吉田までお問い合わせください。

ASO CAFE(あそかふぇ)オープン[ 2016.4.12 ]
日 時: 4月27日(水)18:00~
場 所: 当院 ビハーラホール
テーマ: あなたの看護の原点は?

カフェスタイルで語り合いながら学びをシェアします。
参加の申し込みは不要、参加費は無料です。
ぜひお立ち寄りください。

偶数月の第4水曜日開催 今後の予定は ⇒こちら(PDF)

平成28年度 第1回 緩和ケアレクチャーのご案内[ 2016.4.12 ]
日 時: 2016年5月27日(金)18:30~20:00
講 師: 余宮 きのみ 氏
埼玉県立がんセンター緩和ケア科 科長
テーマ: 緩和ケアにおける鎮静
会 場: 西本願寺 聞法会館3階

⇒申込書(PDF)

職員募集のお知らせ[ 2015.12.24 ]

1、看護助手(看護補助者業務・経験不問)
勤務曜日・勤務時間は相談に応じます
連絡先:看護課長 吉田まで

2、薬剤師(非常勤)
勤務曜日・勤務時間は相談に応じます
連絡先:事務長 岡部まで

⇒ 職員募集へ

日本ホスピス緩和ケア協会近畿支部 施設間研修のおしらせ[ 2015.12.24 ]

日本ホスピス緩和ケア協会では、ホスピス緩和ケアに携わる医療従事者のスキル向上を目的に、施設間研修を行っています。
当院でも幅広く研修を受け入れていますので、下記受け入れ要件をご確認の上、申込書をファックスかメールにてお送りください。
(担当:看護課長 吉田)

⇒受け入れ要件(PDF)
⇒申込書(PDF)

ホスピス緩和ケア週間[ 2015.09.18 ]
あそかビハーラ病院オープンデイのご案内

10月4日から10月10日の一週間は、がんで苦しむ方やご家族の方に、ホスピス・緩和ケアを知っていただく、ホスピス緩和ケア週間です。
それに合わせて、当院では10月10日(土)に施設を一般公開し、実際の雰囲気を感じていただきたく思います。
事前の申し込み等は不要です、どうぞご自由にご見学ください。

10月10日(土) 10:00~16:00

  • ・施設見学(職員がご案内いたします)
  • ・ボランティアさんによるティーサービス
  • ・アロママッサージ(ハンド)体験
  • ・いのちのスープ試飲 等
※昼食の提供はいたしかねます。
またご持参された場合、食事のスペースに限りがございますのでご了承ください。
※お車でお越しの際は、病院横のグラウンドにお停めください。

公開講座

日 時 10月10日(土) 13:30~15:00
場 所 当院 ビハーラホール
講 師 当院顧問 昭和大学医学部推進教室講師 高宮有介師
講 題 「最期の時を どこでどう過ごしたいですか?」
~緩和ケアという選択~
料 金 聴講無料
ボランティア研修会のお知らせ[ 2015.09.18 ]

当院で活動していただくボランティアさんを募集しております。
ボランティアさんは事前にボランティア研修会を受講していただきます。
当院でのボランティアを希望される方は下記の研修会を受講ください。

10月6日(火) 14:00~17:00
※事前にボランティアコーディネーター山本までご連絡ください

あそかビハーラ病院便り「無憂樹」第6号を発刊しました
[ 2015.09.18 ]

あそかのことを多くの方に知っていただくために発行している季刊誌です。

⇒無憂樹 第6号(PDF)
⇒バックナンバーはこちら

病院送迎車をはじめました
[ 2015.08.06 ]

当院は立地が悪く駅から遠いため、ご家族の面会にご不便をかけていました。
この度、南京都病院のご協力を得て、JR京田辺駅(近鉄新田辺駅)、JR青谷駅から当院までの送迎をはじめました。便数は限られていますが、ぜひご利用くださいますよう、ご案内申し上げます。

⇒運行表はこちら(PDF)

緩和ケア病棟認可を取得いたしました[ 2015.05.13 ]

今年2月にISO9001を修得し、この4月に緩和ケア病棟の認可をいただきました。
これもひとえに、皆さまのご協力とご理解の賜物と、ここに厚く御礼申し上げます。
これからも地域に根差した、信頼のある、「ぬくもり」と「やすらぎ」の医療を実践してまいります。今後ともよろしくお願い申し上げます。