~仏の慈悲に照らされている「ぬくもり」と「おかげさま」のこころで~

あそかビハーラ病院

アクセス

ビハーラとは?

 
 「ビハーラ」という言葉はあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、この言葉は古代インドのサンスクリット語のViharaをそのまま音訳したものです。
 そのビハーラという言葉は、「精舎・僧院」「身心の安らぎ・くつろぎ」「休息の場所」を意味しています。
 
 「精舎・僧院」というのは一般にいわれる「寺院」のことで、お寺は「身心の安らぎの場所」を意味していました。
 つまり仏教の教えは、生・老・病・死の苦悩を課題とし、身心の安らぎをもたらすものでした。
 聖徳太子が建立されたと伝えられる四天王寺には「四箇院」といって「敬田院」「施薬院」「療病院」「悲田院」が設立されており、仏教と医療や介護といった社会福祉は密接な関わりをもっていました。
 
 しかし、時代の流れの中で仏教と医療や介護といった社会福祉はそれぞれ専門分野化し、各分野の関わりが薄れてまいりました。
 特に仏教・僧侶の活動はお葬式が多くなり、仏教=死というイメージが強く、病院の中で僧侶の姿を見かけることはまずありえないというのが現在の状況です。
 
 そのような中で、仏教がもともと課題としてきた、老・病・死の苦悩に応えるため、医療・介護といった社会福祉の各分野とも連携しようという活動が生まれます。それが「ビハーラ活動」と呼ばれるものです。
 浄土真宗本願寺派では1987年からビハーラ活動が展開され、医療の分野だけでなく、介護の分野も含めた社会福祉領域などにも活動の範囲を広げてまいりました。
 現在では全国各地にビハーラ活動の団体が組織作られ、病院や高齢者施設などで様々な活動がなされています。
 宗教が基盤にある活動と聞くと、勧誘されるのではないかという不安もあるかもしれませんが、このビハーラ活動は、生・老・病・死の苦悩に共感し、少しでもその苦悩を和らげていこうとするもので、信者を増やすことを目的としたものではありませんので宗教が違っていたり、宗教に関心がなくてもご安心いただくことができます。

あそかビハーラ病院では、スピリチュアル・ケアの実践のためにビハーラ僧(仏教チャプレン)が常駐僧侶として活動しています。
また、当院は浄土真宗(西)本願寺派が設立母体ですが、患者様・ご家族それぞれの宗教・宗派・信念にゆだねており、強制的な宗教勧誘をすることはありません。宗教に関わりなく緩和ケアを受けることができます。
 (ビハーラ僧については、こちらを参照ください。)

▲TOPへ
   
ビハーラについてもっと詳しく知りたい方

ビハーラ関係のリンクをご参照ください。

▲TOPへ